出展のメリット

テクニカルショウヨコハマは、『神奈川県下最大級の工業技術見本市』です。

横浜を舞台に過去37回の開催の歴史があり、地域に根ざした見本市として評価されております。素材・部品・研究開発・製造及び福祉・環境問題といったハードとソフトの総合的な工業見本市として首都圏に確固たる地位を築いております。

テクニカルショウヨコハマ2016の概要
展示規模 595社・団体
展示小間数 467小間
入場者数 28,289人
テクニカルショウヨコハマ2016写真

首都圏における自社PR、製品紹介、新規開拓、マーケティングの絶好の機会です!

東京、神奈川県内からの来場者が多く、首都圏における貴社の技術、製品、情報を効果的に発信できます。

来場者の勤務先所在地

来場者勤務先所在地

7割以上の来場者が、機器・製品の購入に関与しています。

多方面にわたる目的意識をもった質の高い業界関係者が来場し、販路の促進、新規の取引獲得、ニーズの把握と幅広い活用ができ、ビジネスチャンスの拡大が期待できます。

来場者の機器・製品購入に関する立場

来場者の機器・製品購入に関する立場

出展者、来場者との異業種間の交流が活発!今後の活動におけるヒントがあります。

幅広い分野からの出展、来場があり異業種間との交流による様々なチャンスが期待されます。今までにない業界からの取引も期待でき、新製品の開発等新たな活動の範囲を広げることが可能です。

来場者の職種別

来場者の機器・製品購入に関する立場 割合
営業・販売 30.8%
経営者・役員 21.1%
研究・開発 11.1%
生産・技術 11.1%
企画・宣伝 5.6%
総務・管理・人事・経理 3.4%
顧問・コンサルタント 2.8%
仕入・購入 3.3%
設計・デザイン 2.9%
官公庁・団体・機関等の役員及び職員 2.2%
情報・システム 0.7%
事務 0.7%
その他 3%

取り扱い関連製品・機器・サービス

来場者の取り扱い関連製品・機器・サービス 割合
産業機器・機械要素・部品 18.0%
電子・電気機器/部品 18.0%
工業用材料・工具等 7.5%
情報・通信・コンピューター関連 7.5%
精密機器 6.8%
輸送機器・関連製品 5.5%
建築用機器・資材 4.2%
計測・分析・制御・監視機器 3.6%
環境・公害・防災関連 2.8%
ソフトウエア 2.7%
エネルギー資源・関連機器 1.7%
光学機器 1.5%
異業種交流 1.3%
福祉関連機器・製品 0.8%
農林・水産・鉱業関連機器 0.5%
その他 17.6%
テクニカルショウヨコハマ2016写真

8割以上の出展者が成果を得ています。

出展者アンケート結果

成果と引き合い
テクニカルショウヨコハマ2016写真

前回出展者の声(※テクニカルショウヨコハマ2016出展者アンケートより一部抜粋)

  1. 新規の見積り依頼を何件か依頼をうけました。
  2. 既存顧客が来場され、打ち合わせ後、試作依頼がありました。
  3. 出展を通じて自分の会社の得意なことについて考え自社を見つめ直すきっかけとなった。
  4. 新規顧客を得ることができた。
  5. 新規顧客のアポイントがとれた。
  6. 多くの見積もりを確保できた。
  7. 取引に結び付いた。
  8. 新商品のリサーチができた。
  9. 予想以上にお客様にブースへ訪問いただけた。
  10. 今回出展させていただいたサービスについて、協力会社様を見つけることができた。
    毎回新企画出店の結果新顧客が増加しました。等