前回の実績(2015実績)

名称 テクニカルショウヨコハマ2015(第36回工業技術見本市)
テーマ 「未来につながる 新たな技術」
会期 平成27年2月4日(水)・5日(木)・6日(金) 3日間 午前10時~午後5時
会場 パシフィコ横浜 展示ホールC・D(横浜市西区みなとみらい1-1-1)
開催規模 [会場面積]10,000m2
[出展者数]580社・団体
[出展小間数]440小間
主催 公益財団法人神奈川産業振興センター、一般社団法人横浜市工業会連合会、神奈川県、横浜市
後援 経済産業省関東経済産業局、川崎市、相模原市、平塚市、藤沢市、秦野市、厚木市、大和市、一般社団法人日本経営協会、一般社団法人ビジネス機械・情報システム産業協会、日本貿易振興機構(ジェトロ)横浜貿易情報センター、一般社団法人神奈川県商工会議所連合会、神奈川県商工会連合会、神奈川県中小企業団体中央会、公益財団法人神奈川科学技術アカデミー、一般社団法人神奈川県経営者協会、一般社団法人神奈川県情報サービス産業協会、公益財団法人横浜企業経営支援財団、公益社団法人横浜貿易協会、横浜商工会議所、公益財団法人川崎市産業振興財団、パシフィコ横浜、横浜銀行、横浜信用金庫、日本経済新聞社横浜支局、日刊工業新聞社、フジサンケイビジネスアイ(FujiSankei Business i.)、神奈川新聞社、NHK横浜放送局、tvk(テレビ神奈川)
入場料 無料(登録制)
同時開催 ・平成26年度 受・発注商談会(横浜会場)
・かながわビジネスオーディション2015

前回の出展者情報については、「テクニカルショウヨコハマ2015」の公式サイトをご覧ください。

テクニカルショウヨコハマ2015写真


出展状況

展示規模:580社・団体/440小間(10,000m2

分野 出展者数 出展小間数
ビジネスソリューション 20 20
生産(加工技術) 236 193
生産(機器・装置・製品) 200 126
環境・エネルギー/健康・福祉 23 19
産学公・企業間ネットワーク 101 82
合計 580 440
テクニカルショウヨコハマ2015写真

来場者数・来場者分析

来場者数:27,015人

<内訳>
2月4日(水)
晴れ後曇り
2月5日(木)
みぞれ時々雨
2月6日(金)
晴れ
合計
8,995人 8,046人 9,974人 27,015人

来場者分析(テクニカルショウヨコハマ2015来場者実績及びアンケートの集計結果です)

多方面の分野からの来場者があり、広範囲にわたる工業技術・製品の情報発信、収集、交流が展開されました。

勤務先の業種


テクニカルショウヨコハマ2015写真
テクニカルショウヨコハマ2015写真
テクニカルショウヨコハマ2015写真
勤務先の業種 割合
製造業 57.4%
商社・卸等流通業 19.4%
建設業 4.3%
ソフト開発業 3.3%
官公庁・団体・協会 2.9%
コンサルタント業 2.8%
設計・デザイン業 2.1%
一般・学生 1.4%
金融・保険業 0.9%
教育・研究機関 0.7%
報道・出版関係 0.5%
その他 4.3%

来場者の取り扱い関連製品・機器・サービス


テクニカルショウヨコハマ2015写真
テクニカルショウヨコハマ2015写真
テクニカルショウヨコハマ2015写真
来場者の取り扱い関連製品・機器・サービス 割合
産業機器・機械要素・部品 19.4%
電子・電気機器/部品 17.6%
工業用材料・工具等 7.6%
情報・通信・コンピューター関連 7.4%
精密機器 7.0%
輸送機器・関連製品 5.2%
建築用機器・資材 4.5%
計測・分析・制御・監視機器 3.8%
環境・公害・防災関連 2.7%
ソフトウエア 2.7%
光学機器 2.0%
エネルギー資源・関連機器 1.8%
異業種交流 1.2%
福祉関連機器・製品 0.9%
農林・水産・鉱業関連機器 0.4%
その他 15.8%

来場者の職種別


テクニカルショウヨコハマ2015写真
テクニカルショウヨコハマ2015写真
テクニカルショウヨコハマ2015写真
テクニカルショウヨコハマ2015写真
来場者の職種別 割合
営業・販売 32.5%
経営者・役員 21.7%
研究・開発 11.6%
生産・技術 10.2%
企画・宣伝 5.5%
総務・管理・人事・経理 3.3%
顧問・コンサルタント 2.9%
仕入・購入 2.7%
設計・デザイン 2.5%
官公庁・団体・機関等の役員及び職員 2.3%
情報・システム 0.6%
事務 0.5%
その他 3.7%

来場者の勤務先所在地


勤務先の業種 割合
横浜市内企業 24.5%
横浜市内を除く神奈川県内企業 21.7%
東京都内企業 39.5%
その他 14.3%

来場者の機器・製品購入に関する立場


来場者の機器・製品購入に関する立場 割合
決定権はないが関与している 46.8%
決定権を持っている 29.1%
関与していない 24.1%

オープニングセレモニー

2月4日(水)午前9時30分、会場正面入口前において、来賓及び多数の出展者が参列する中、オープニングセレモニーを開催いたしました。公益財団法人神奈川産業振興センター 小林理事長、一般社団法人横浜市工業会連合会 榎本会長より開催のご挨拶、神奈川県 黒岩知事、横浜市 渡辺副市長から祝辞が述べられたあと、黒岩知事、渡辺副市長、神奈川県議会 向笠議長、横浜市会 佐藤議長、横浜商工会議所 川口副会頭、小林理事長、榎本会長の計7名によりテープカットを行いました。


テクニカルショウヨコハマ2015写真

併催行事

記念講演会 中小企業経営の勝ち残り策~中小企業は連携すると強くなる~

日時 2月4日(水) 14:00~15:30
会場 アネックスホール(展示会場2階)
講師 東成エレクトロビーム株式会社 代表取締役会長 上野 保 氏
詳細 中小企業は自助努力しても外部環境の激変に大きく影響を受けます。そこで、中小企業は外部経営資源を活用し、産々連携や、産学官金連携での勝ち残り策をプレゼンいたしました。

海外ビジネスセミナー アセアンの投資環境と進出に適した貸工場等を紹介

日時 2月4日(水) 13:00~16:40
会場 E204会議室
第一部 講演
講師 レーザーテック株式会社 技術本部技術企画室 弁理士 小川 潔 氏
第二部 パネルディスカッション
パネラー 弁理士 樋口 正樹 氏(コーディネータ)、弁理士 坂野 博行 氏、弁理士 和泉 順一 氏

弁理士 星 亘 氏、弁理士 高原 千鶴子 氏、弁護士 亀井 文也 氏
詳細 中小企業において、知的財産の保護及び活用は、死活問題に直結する場合があります。本セミナーの前半では、企業における知的財産の保護と活用について、実例を踏まえた講演を行いました。また、後半のパネルディスカッションでは、特許、意匠、商標等々の分野別に企業の皆様からの疑問にお答えしました。

「さがみロボット産業特区」フォーラム 「さがみロボット産業特区」ロボット実証実験結果報告

日時 2月6日(金) 10:30~12:20
会場 アネックスホール(展示会場2階)
特別講演 未来を拓く超高速知能ロボット
講師 東京大学大学院 情報理工学系研究科 教授 石川 正俊 氏
講演
ロボット実証実験結果報告 人工筋肉による遠隔建機操縦ロボット:コーワテック株式会社

浴室設置型入浴支援ロボット:TOTO株式会社

歩行支援ロボット:株式会社安川電機
詳細 神奈川県では「さがみロボット産業特区」の取組の一つとして、ロボットの実証実験をサポートしています。平成26年度「公募型『ロボット実証実験支援事業』」等で実証実験を行った企業等による報告とロボットの展示を行いました。

横浜ライフイノベーション特区セミナー 医療機器産業の最新動向と参入におけるポイント

日時 2月6日(金)13:30~15:30
会場 アネックスホール(展示会場2階)
講師 経済産業省 商務情報政策局 ヘルスケア産業課
医療・福祉機器産業室 室長補佐 菅原 廣充氏

医薬品医療機器総合機構 審査マネジメント部
薬事戦略相談課 テクニカルエキスパート 石川 廣氏 他
詳細 日本の医療機器産業の現状と国の政策、また参入の障壁となりやすい薬事申請に関する最新基礎知識について講演致しました。また、特区横浜プロジェクト「手術シミュレータ」開発に関するパネルディスカッションを行いました。
(セミナー終了後、手術シミュレータの展示・デモンストレーションも実施しました。)

特別セミナー 日産の技術開発の取り組み

日時 2月4日(水)11:00~12:00
会場 アネックスホール(展示会場2階)
講師 日産自動車株式会社 環境・安全技術渉外部 担当部長 圓山 博嗣氏
詳細 このセミナーでは、次世代自動車の開発に取り組む県内の自動車メーカーである日産自動車株式会社より講演致しました。

BCP(事業継続計画)セミナー ~儲けにつなげるBCP~

日時 2月4日(水) 14:00~16:30
会場 E206会議室
第1部 BCP講演 14:00~15:10
講師 損保ジャパン日本興亜リスクマネジメント株式会社
取締役・リスクコンサルティング事業本部長 髙橋 孝一 氏
第2部 BCP作成ワークショップ 15:20~16:20
講師 中小企業診断士 北 明雄 氏
詳細 BCPは緊急時への対応力向上に役立ちますが、中小企業が企業価値を高めるツールとしても活用できます。セミナーでは、策定したBCPの取組状況の評価を行い、より実効性のあるBCPにビルドアップし、経営上の効果につなげることをテーマにした講演を行いました。
また、BCP作成支援ツール「BCP作成のすすめ(かながわ版)」を活用したワークショップも行いました。

同時開催イベント

1 電気自動車・燃料電池自動車の展示
車両 電気自動車 日産自動車株式会社 e-NV200
燃料電池自動車 本田技研工業株式会社 FCXクラリティ
期間 電気自動車 2月4日(水)~ 6日(金) 3日間
燃料電池自動車 2月4日(水)~ 5日(木) 2日間
場所 展示ホールC・D セミナー会場A付近休憩所横
詳細 神奈川県では、走行時にCO2を排出しないなど環境性能に優れ、災害時の非常用電源としても期待される次世代自動車の普及を促進しています。電気自動車や燃料電池自動車を展示しました。
2 「さがみロボット産業特区」ロボット実証実験結果報告展示
2月6日(金)展示ホールC・D
3 第2回神奈川なでしこブランド認定式
2月5日(木)15:45~16:45 展示ホールC・D
4 平成26年度受・発注商談会(横浜会場)
2月4日(水)10:30~17:30 アネックスホール
5 かながわビジネスオーディション2015
2月5日(木)12:00~19:30 アネックスホール、ほか
6 ものづくり企業紹介フェア(高校生のテクニカルショウ見学会)
2月5日(木)(1)9:00~ (2)12:30~
テクニカルショウヨコハマ2015写真