1. ホーム
  2. テクニカルショウヨコハマとは
  3. 前回の実績(2014実績)
前回の実績(2014実績)

開催結果

名称 テクニカルショウヨコハマ2014(第35回工業技術見本市)
テーマ 「未来につながる 新たな技術」
会期 平成26年2月5日(水)・6日(木)・7日(金) 3日間 午前10時~午後5時
会場 パシフィコ横浜 展示ホールC・D(横浜市西区みなとみらい1-1-1)
開催規模 [会場面積]10,000m2
[出展者数]556社・団体 [出展小間数]433小間
主催 公益財団法人神奈川産業振興センター、一般社団法人横浜市工業会連合会、神奈川県、横浜市
後援 経済産業省関東経済産業局、川崎市、相模原市、平塚市、藤沢市、秦野市、厚木市、大和市、一般社団法人日本経営協会、一般社団法人ビジネス機械・情報システム産業協会、日本貿易振興機構(ジェトロ)横浜貿易情報センター、一般社団法人神奈川県商工会議所連合会、神奈川県商工会連合会、神奈川県中小企業団体中央会、公益財団法人神奈川科学技術アカデミー、一般社団法人神奈川県経営者協会、一般社団法人神奈川県情報サービス産業協会、公益財団法人横浜企業経営支援財団、公益社団法人横浜貿易協会、横浜商工会議所、公益財団法人川崎市産業振興財団、パシフィコ横浜、横浜銀行、横浜信用金庫、日本経済新聞社横浜支局、日刊工業新聞社、フジサンケイビジネスアイ(FujiSankei Business i.)、神奈川新聞社、NHK横浜放送局、tvk(テレビ神奈川)
入場料 無料(登録制)
同時開催 ・平成25年度 受・発注商談会(横浜会場)
・かながわビジネスオーディション2014

前回の出展者情報については、「テクニカルショウヨコハマ2014」の公式サイトをご覧ください。



出展状況

展示規模:556社・団体/433小間(10,000m2

テクニカルショウヨコハマ2014写真
<内訳>
分野 出展者数 出展小間数
ビジネスソリューション 23 27
生産(加工技術) 226 159
生産(機器・装置・製品) 179 133
環境・エネルギー/福祉 36 32
産学公・企業間ネットワーク 92 82
合計 556 433

来場者数・来場者分析

来場者数:29,710人

<内訳>
2月5日(水)晴れ 2月6日(木)晴れ 2月7日(金)晴れ 3日間合計
8,586人 10,674人 10,450人 29,710人

来場者分析(テクニカルショウヨコハマ2013来場者実績及びアンケートの集計結果です)

多方面の分野からの来場者があり、広範囲にわたる工業技術・製品の情報発信、収集、交流が展開されました。

勤務先の業種

テクニカルショウヨコハマ2014写真
テクニカルショウヨコハマ2014写真
テクニカルショウヨコハマ2014写真
製造業 56.1%
商社・卸等流通業 17.6%
建設業 4.3%
設計・デザイン業 3.4%
ソフト開発業 3.4%
一般・学生 3.1%
コンサルタント業 3.0%
官公庁・団体・協会 2.8%
教育・研究機関 0.9%
金融・保険業 0.7%
報道・出版関係 0.5%
その他 4.2%

来場者の取り扱い関連製品・機器・サービス

テクニカルショウヨコハマ2014写真
テクニカルショウヨコハマ2014写真
テクニカルショウヨコハマ2014写真
テクニカルショウヨコハマ2014写真
テクニカルショウヨコハマ2014写真
テクニカルショウヨコハマ2014写真
テクニカルショウヨコハマ2014写真
産業機器・機械要素・部品 17.8%
電子・電気機器/部品 16.7%
情報・通信・コンピューター関連 7.9%
精密機器 7.0%
工業用材料・工具等 6.6%
輸送機器・関連製品 5.2%
建築用機器・資材 4.9%
計測・分析・制御・監視機器 3.8%
環境・公害・防災関連 3.3%
ソフトウエア 2.8%
光学機器 1.8%
エネルギー資源・関連機器 1.7%
異業種交流 1.2%
福祉関連機器・製品 0.9%
農林・水産・鉱業関連機器 0.5%
その他 17.9%

来場者の職種別

営業・販売 31.0%
経営者・役員 21.8%
研究・開発 11.8%
生産・技術 10.0%
企画・宣伝 5.8%
顧問・コンサルタント 3.0%
総務・管理・人事・経理 2.8%
設計・デザイン 2.6%
仕入・購入 2.5%
官公庁・団体・機関等の役員及び職員 2.2%
事務 0.9%
情報・システム 0.9%
その他 4.7%

来場者の勤務先所在地

横浜市内企業 24.7%
横浜市内を除く
神奈川県内企業
21.20%
東京都内企業 39.3%
その他 14.8%

来場者の機器・製品購入に関する立場

決定権はないが関与している 44.9%
決定権をもっている 29.8%
関与していない 25.3%

オープニングセレモニー

2014年2月5日(水)午前9時30分、会場正面入口前において、来賓及び多数の出展者が参列する中、オープニングセレモニーを開催いたしました。公益財団法人神奈川産業振興センター 神谷会長、一般社団法人横浜市工業会連合会 佐藤会長より開催のご挨拶、神奈川県 黒岩知事、横浜市 渡辺副市長から祝辞が述べられたあと、黒岩知事、渡辺副市長、神奈川県議会 古沢議長、横浜商工会議所 川口副会頭、神谷会長、佐藤会長の計6名によりテープカットを行いました。


テクニカルショウヨコハマ2014写真

併催行事

記念講演会 グローバル化の中の中小企業経営

日時 2月5日(水) 14:00~15:30
会場 アネックスホール(展示会場2階)
講師 福井県立大学 特任教授 中沢 孝夫 氏
詳細 海外進出をするかしないか、にかかわらずグローバル化を避けて通ることはできません。状況を踏まえて、経営革新と人材育成を中心に、企業継続の必要事項について講演いたします。

海外ビジネスセミナー アセアンの投資環境と進出に適した貸工場等を紹介

日時 2月5日(水) 13:30~17:30
会場 E206会議室
講師 日本アセアンセンター 貿易投資部 中西 宏太 氏 ほか
詳細 県内企業のアジアでの事業を支援するため、進出ニーズが高いアセアン各国の投資環境・工業団地・貸工場について紹介するほか、神奈川県及び(公財)神奈川産業振興センターの海外駐在員から海外ビジネス事情についてご紹介します。

中小企業向け知的財産セミナー
中国知的財産法の重要知識と実務~知的財産権の取り方から模倣品への対応まで~

日時 2月6日(木) 13:30~16:30
会場 E204会議室
講師 IP FORWARD 総代表CEO・弁護士 分部 悠介 氏
詳細 アジア進出を図る中小企業を対象に、中国での知的財産権の権利の取り方、模倣品への対応の方法等、法律が分からない人でも、知識ゼロから、一通りの対応ができるようになるまでの実務知識を紹介いたします。

横浜市知財経営促進セミナー 社長も気づいていない 会社を元気にする知財活動の秘訣

日時 2月7日(金) 10:00~12:00
会場 アネックスホール(展示会場2階)
講師 土生特許事務所 弁理士 土生 哲也 氏
詳細 「知財経営って重要?効果が感じられない」とお考えの方、ぜひご参加下さい。自社の強みをうまくPRし、「売上UP・資金調達・社内活性化」に繋げる方法等、中小企業が知財を有効に活かすヒントをお伝えします。

地域新産業創出基盤強化事業(関東地域)シンポジウム「世界に勝つものづくり」
中小企業の海外展開方法の視点を変えて先へ進め!!~海外展開=海外生産?ターゲットは新興国か?勘違いを正す!

日時 2月7日(金)13:30~16:30
会場 アネックスホール(展示会場2階)
講師 グローバル・テクノマネジメント研究所 所長 平戸 昌利 氏 ほか
詳細 広域首都圏(関東甲信越静1都10県)の公設試験研究機関は、海外に販売展開する中小企業支援を強化しています。このシンポジウムでは、海外への事業展開のコツや平成24年度経済産業省補正予算事業で導入した機器とその活用事例を紹介します。
テクニカルショウヨコハマ2014写真
pagetop