1. ホーム
  2. テクニカルショウヨコハマとは
  3. 2012年実績
2012年実績

2012年の開催概要

名称 テクニカルショウヨコハマ2012(第33回工業技術見本市)
テーマ 「未来につながる新たな技術」
会期 平成24年2月1日(水)・2日(木)・3日(金) 3日間 午前10時~午後5時
会場 パシフィコ横浜 展示ホールC・D(横浜市西区みなとみらい1-1-1)
主催 公益財団法人神奈川産業振興センター、社団法人横浜市工業会連合会、神奈川県、横浜市
後援 経済産業省関東経済産業局、川崎市、相模原市、平塚市、藤沢市、秦野市、厚木市、大和市、一般社団法人日本経営協会、社団法人ビジネス機械・情報システム産業協会、日本貿易振興機構(ジェトロ)横浜貿易情報センター、社団法人神奈川県商工会議所連合会、神奈川県商工会連合会、神奈川県中小企業団体中央会、財団法人神奈川科学技術アカデミー、社団法人神奈川県経営者協会、一般社団法人神奈川県情報サービス産業協会、財団法人横浜企業経営支援財団、社団法人横浜貿易協会、横浜商工会議所、公益財団法人川崎市産業振興財団、パシフィコ横浜、株式会社横浜銀行、横浜信用金庫、日本経済新聞社、日刊工業新聞社、フジサンケイビジネスアイ(FujiSankei Business i.)、神奈川新聞社、NHK横浜放送局、tvk(テレビ神奈川)
同時開催 ・九都県市合同商談会
・かながわビジネスオーディション2012
開催規模 [会場面積]10,000m2
[出展者数]413社・団体 [出展小間数]392小間

前回の出展者は、「テクニカルショウヨコハマ2012」の公式サイトをご覧ください。


テクニカルショウヨコハマ2012写真   テクニカルショウヨコハマ2012写真


来場者数・来場者分析

来場者数:30,912人

<内訳>
2月1日(水)晴れ 2月2日(木)晴れ 2月3日(金)晴れ 3日間合計
9,227人 10,531人 11,154人 30,912人

来場者分析(テクニカルショウヨコハマ2012来場者実績及びアンケートの集計結果です)

多方面の分野からの来場者があり、広範囲にわたる工業技術・製品の情報発信、収集、交流が展開されました。

来場者の勤務先所在地

テクニカルショウヨコハマ2012写真
テクニカルショウヨコハマ2012写真
テクニカルショウヨコハマ2012写真
横浜市内企業 26.0%
横浜市内を除く
神奈川県内企業
22.4%
東京都内企業 37.4%
その他 14.2%

来場者の職種別

営業・販売 29.2%
経営者・役員 22.4%
研究・開発 10.4%
生産・技術 9.5%
企画・宣伝 5.5%
顧問・コンサルタント 3.8%
総務・管理・人事・経理 3.7%
官公庁・団体・機関等の
役員及び職員
3.6%
設計・デザイン 3.3%
仕入・購入 1.9%
事務 1.4%
情報・システム 0.9%
その他 4.4%

来場者の取り扱い関連製品・機器・サービス

産業機器・機械要素・部品 15.0%
電子・電気機器/部品 14.8%
情報・通信・コンピューター関連 7.7%
工業用材料・工具等 6.7%
精密機器 6.5%
輸送機器・関連製品 5.5%
建築用機器・資材 4.9%
環境・公害・防災関連 3.7%
計測・分析・制御・監視機器 3.7%
ソフトウェア 2.8%
異業種交流 2.4%
エネルギー資源・関連機器 2.3%
光学機器 1.6%
農林・水産・鉱業関連機器 0.8%
福祉関連機器・製品 0.8%
その他 20.8%

来場者の機器・製品購入に関する立場

決定権はないが関与している 41.5%
決定権をもっている 29.4%
関与していない 29.1%

出展状況

展示規模:413社・団体 392小間(10,000m2

<内訳>
分野 出展社数 出展小間数
ビジネスソリューション 19 21
生産(加工技術) 130 125
生産(機器・装置・製品) 123 103
環境・エネルギー/福祉 33 40
産学公・企業間ネットワーク 108 103
413社・団体 392小間

出展者アンケート結果

出展者アンケート結果:出展成果について    出展者アンケート結果:引合いについて



併催・同時開催 行事

記念講演会

テーマ:「100万分の1グラムの歯車をつくる技術と経営理念~人を育て、技術を育てる~」

  1. 講師:松浦 元男 氏(株式会社樹研工業 代表取締役社長)

危機管理セミナー

テーマ:「東日本大震災の事例から学ぶ」

  1. 講師:山藤 竜太郎 氏(公立大学法人 横浜市立大学国際総合科学群 准教授)

中小企業の海外展開応援セミナー

テーマ:「円高下での海外事業展開の課題」

  1. 基調講演
    演題「アジア地域のものづくりとTPPの動向」
    講師:田中 則仁 氏(神奈川大学経営学部国際経営学科教授)
  1. 事例報告
    タイ報告者:関 知耻忠 氏(海外事業展開事例研究会会員)
    インドネシア報告者:小野 耕司 氏(      〃      )
    ベトナム報告者:小谷 泰三 氏(      〃      )
  1. パネルディスカッション
    コーディネーター:田中 則仁 氏
    パネリスト:関 知耻忠 氏・小野 耕司 氏・小谷 泰三 氏

横浜市知財戦略シンポジウム

テーマ:「中小企業の知財戦略」

  1. 基調講演:~小説「下町ロケット」より~『中小企業の知財戦略』
    講師:鮫島 正洋 氏(内田・鮫島法律事務所 弁護士・弁理士)
  2. 知財経営事例紹介
    「横浜知財みらい企業」認定企業より
    吉田 邦夫 氏(AJI株式会社 代表取締役社長)
    平野 健治 氏(株式会社計測技術研究所 取締役会長)

パネルディスカッション:「競争力のある企業になるために」

  1. <コーディネーター>望月 洋介 氏(日経BPクリーンテック研究所所長)
    <パネリスト>鮫島 正洋氏・吉田 邦夫 氏・平野 健治氏
    高尾 孝一 氏(株式会社ニフコ 知的財産部)
テクニカルショウヨコハマ2012写真    テクニカルショウヨコハマ2012写真
pagetop